何か違いがあるの?古着屋との違い

服を売るなら古着屋、という発想は間違いです

素敵なブランド服で装うのは気持ちのいいものです。しかし有名ブランドメーカーからはシーズンごとに新しいデザインの商品が次から次へと発売されます。ブランド品愛好家であれば、最新のファッションを身につけたいと思うもの。その結果、古くなったり、もう着なくなったブランド服がクローゼットでひっそりと埋もれることに……。そんなブランド服、どうせ不要なら買い取ってもらってはいかがでしょうか。
服を売るとなるとまず思い浮かべるのは古着屋です。ですが、ちょっとお待ちください。果たして古着屋で、ブランド品の本当の価値を見極めてもらえるのでしょうか。やはりブランド品なら、ブランド品を専門的に扱う買い取り店に相談するべきです。

ブランド品専門買い取り店とは?

ブランド品専門買い取り店では、ブランド品への深い知識と理解を持ったスタッフが対応してくれます。専門的な目で正しい査定をおこなってくれるので、古着屋では見抜けない価値も、逃さず発見してくれるはずです。ここが古着屋との大きな違いだと言えます。
査定方法には、商品を店に直接持ち込む『持ち込み買い取り』、宅配で店に送って査定してもらう『宅配買い取り』、店員に訪問してもらう『出張買い取り』などがあります。近隣の店舗に連絡して、どの査定方法をおこなっているか確認してみてください。
ブランド服を少しでも高く買い取ってもらうためのコツもご紹介しておきます。まずはよい保存状態を保ち、査定のまえにはクリーニングしましょう。ほこりやにおいを取ることで、査定額に差が出ます。保証書や保存箱などは残しておきましょう。付属品があると査定額がアップすることがあります。そして当然のことながら、発売日からなるべく時間の経たないうちに買い取ってもらいましょう。ほとんどのブランド品の価値は、時間とともに下がってゆくものです。

© Copyright Protect Your Brand. All Rights Reserved.